世界の猫事情~トルコ編~

『国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る。』(ガンジー)
わたしの好きな言葉です。
世界の猫事情~トルコ編~
トルコは人口の90%以上がイスラム教徒。
イスラム教の開祖、ムハンマドは
大変な猫好きだったらしいです。
だからでしょうか
イスラム教徒にとって猫はとても神聖な生き物。
家の中に閉じ込めるのは不自然だという
考え方みたいです。
先日、トルコの映画
「猫が教えてくれたこと」を観てきました。 

イスタンブール、その周辺の街の中での
人と猫の関わりをドキュメンタリー風にした
映画でした。
映像から、優しさと愛が沢山溢れていました。
沢山の猫が自由に歩き回り、子育てをし
暮らしています。
それを見守り、適度な距離感で可愛がる人達。
猫のことを話す人達は、まるで自分のうちの
猫のように、誇らしげに自慢しているのが
とても印象的でした。
トルコでは、野良猫ちゃんや
野良犬ちゃんが沢山街中にいて
商店やビル、市場、世界遺産など 
フリーパスで出入りでき、
のびのびと暮らしています。
近所の人がみんなで面倒をみています。
レストランではネズミ捕りの仕事を得ている
看板猫もいます。
イスタンブールでは、
市ぐるみで地域猫、地域犬の面倒をみているようで、餌を与えるのはもちろんのこと、
餌代やワクチン代など自治体が負担している
そうです。
雨風をしのげる簡易住宅などを
設置してある場所もあるそうです。
先日、その話をしていた時に
わたしの知人のトルコ人が仰った言葉が
とても印象的でした。
「猫は、誰かのものではないから。
みんなが世話をして 当たり前。」と。
動物の命を慈しみ殺処分をせず、
動物と共存することを当たり前として
街や国、そこに暮らす人々が
当たり前のように動物の面倒をみる。
必ずしも豊かだとは言えない国ですが
人々の心は豊かなんですよね。
 
私たち日本人の心は…どうなんでしょう。
最近悲しいニュースが多いです。
無垢な命が、どうかこれ以上
犠牲になりませんように。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply