温かい涙が溢れる歌~猫のキモチ~


聴くたびに涙が溢れちゃう歌
猫を愛する皆さんにはたまらない歌詞だと
思います。
YouTubeなどで検索して是非
聴いてみてください。
歌詞を転載させていただきます。
猫のキモチ…を歌った歌詞ですが
私たちのキモチそのものです。
猫のキモチ
歌:GabrielaRobin
作詞:Gabriela Robin
作曲:菅野よう子

   音楽が 流れます 注意してくださいね



もしも猫がお話できたら
最初になんて いうのかな?
魚のホネは 固すぎます!
シッポの長さ
ほかと比べるのやめてください
傷つくの
あなたのために
身づくろいして 毛づくろいして
だから さかさまになでるのやめて
やさしい人よりも
もの静かな人がスキ
基本的にケンジツな性格なんです
二人きりで まどろむ午後
冬の陽射し長くのびて
このまま こんなふうに
死ぬまでそばに
いられたらいいのに
一度でいいから聞きたかったのよ
あの「かつぶし」は
どこで つかまえるの?
あなたのために
ネズミとって(ケムシとって)
トンボとって(カエルとか)
だから いやそうに捨てるのやめて
暗い夜道だって
案内しましょ どこでも
基本的に世話好きの性格なんです
夢を見たの
あなたは白いゆうかんなオスネコになって
私を迎えにくる…
早くマホウがとけたらいいのに
二人きりで まどろむ午後
冬の陽射し長くのびて
このまま こんなふうに
死ぬまでそばに
いられたらいいのに
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply